ソーシャル メディアをビジネスで活用する 3 つのポイント

  普及著しいソーシャル メディアをビジネスで活用するのに押さえておきたいポイントを見てみましょう。 ソーシャル メディアを効果的に活用できれば、自社の認知度をアップさせることができるのはもちろん、タイムリー な情報発信、ユーザーの本音や世論の把握などさまざまな用途での貢献が期待できます。SNS の利用を開始する際の コツ、情報の発信の仕方、得たデータの分析と活用など、実際に利用する際の各段階におけるポイントを紹介します。  … Read more »ソーシャル メディアをビジネスで活用する 3 つのポイント

なぜ、ユニファイド コミュニケーションに注目すべきなのか?

    電話にボイスメール、電子メール、インスタント メッセージ、テレビ会議、Web 会議・・・。 ICT の進化に伴って、企業内にはさまざまなコミュニケーション ツールが入り込むようになった。 最近では、幅広い世代の支持を受けてすっかり市民権を得た「LINE」を業務連絡に使うビジネス パーソンも存在 する。… Read more »なぜ、ユニファイド コミュニケーションに注目すべきなのか?

なぜ、私物端末の業務利用は危ないと言われるのか?

    スマートフォンやタブレットを所有するビジネス パーソンが増えてきたことで、個人所有の端末からのメール送受信や 業務システムの操作を可能にする企業は珍しくない。最近では、少なからぬ数の企業が私物端末の業務利用、いわゆる 「BYOD (Bring Your Own Device) 」によって、社員の利便性や生産性の向上を果たしている。その一方で、BYOD の危険性を指摘する声が依然として根強く残っていることも事実である。… Read more »なぜ、私物端末の業務利用は危ないと言われるのか?

先人に学ぶ「経営組織論」第 16 回 五代 友厚

    「愚説愚論を聞くことに能く堪へし」。相手の話がたとえ愚かであっても耳を傾けたほうがよい。 これは、五代友厚がひとりよがりな大隈重信に宛てた叱咤激励の手紙の一文です。五代が受けた薩摩藩の郷中教育 では「詮議」というディスカッションが行われていました。これは、困難な状況を想定し、その解決策を討論する もの。五代が訴えたかったのは、相手の話を聞くことの大切さ。しかも、五代はディスカッションの相手の国籍を 問いません。… Read more »先人に学ぶ「経営組織論」第 16 回 五代 友厚

ロボット手術が切り拓く未来

  ニューハートワタナベ国際病院の石川紀彦 ロボット外科部長 (医学博士)   とある病院の手術室。体内の様子を映し出す内視鏡を片手に、ロボットが心臓病患者の手術に臨んでいる。 残り「3 本」の手には、患部の固定や切除、縫合をするための鉗子を持ち、髪の毛ほど細い糸を使って微細な血管を 器用に縫っていく――。… Read more »ロボット手術が切り拓く未来

第 3 次人工知能ブームに沸く産業界、GDP の押し上げも

  人工知能が第 3 次のブームを迎えている。将棋やチェスではコンピュータがプロ棋士に勝つことも珍しくなくなった。 さらに最近は人工知能をビジネス領域に生かそうとする動きが勢いを増している。「人工知能は遠くない将来、企業の 競争力を高める有力な技術になる」――。そうした期待に今、世界の産業界は沸いている。… Read more »第 3 次人工知能ブームに沸く産業界、GDP の押し上げも

ドローンの可能性と未来

    首相官邸の屋上への侵入事件や、祭りでの飛行を予告した少年の逮捕が話題になったこともあり、小型無人機「ドローン」には “お騒がせもの” とのイメージが付きまとっている。各国から要人が集まる会議や式典では、安全確保の一環で会場周辺でのドローンの飛行を禁止する措置をとる例もある。… Read more »ドローンの可能性と未来

BCP 対策の要となるクラウド化

    BCP (Business Continuity Plan) は、事業継続とすばやい復旧を実現するプランのことです。 自然災害や大火災、テロやパンデミックなどに陥った際、従業員を守り、安定してビジネスを継続できるように します。2011 年の 3.11 東日本大震災以降、多くの企業から注目されるようになりました。… Read more »BCP 対策の要となるクラウド化