開発効率をアップさせる新サービス Azure App Serviceとは?

  (当記事は「Azure相談センター」より提供されています。) 2015年3月に複数のサービスが統合される形で、Azure App Serviceが新しく立ち上げられました。 アプリケーションや大規模Webサイトの構築に便利な、こちらのサービスについて概要とメリットを ご紹介いたします。 … Read more »

先人に学ぶ「経営組織論」第 20 回 新島 八重

「信仰に富み、憐憫 (れんびん) に富み、堪忍 (たえしの) び、人を容 (よう) すの力、すべて妾 (わらわ) の 学ぶべきこと計 (ばかり) なり」。これは新島八重が「最愛の友」である夫、新島襄の人となりを著したもの。 襄はキリスト教信仰に厚く、あわれみがあり、忍耐強く、人を受け入れる力を持っていました。 … Read more »

目からウロコのココロ学 #20「順応仮説」

  『吾唯足るを知る』。 満足することを知っている者は貧しくても幸せであり、満足することを知らない者は、たとえ金持ちでも不幸である。 禅宗の教えです。先進諸国では所得が増えても、幸福度はあまり上がらない傾向にあるといいます。 これが「幸福のパラドックス」。なぜ、こういう状況が起きるのでしょう。おもに以下 2 つの説があげられます。 … Read more »

先人に学ぶ「経営組織論」第 19 回 榎本 武揚

戊辰戦争で最後まで明治新政府軍と戦った榎本武揚という幕臣をご存じでしょうか。 山川出版社『もういちど読む山川日本史』には「旧幕府の海軍をひきいて函館を占領していた榎本武揚らが、五稜郭の戦いに敗れて降伏し、ここに戊辰戦争とよばれる一連の戦いはおわり、国内は新政府のもとに統一された』という記述があります。これだけ読むと、榎本は単なる賊軍扱いですが、オランダ留学で学んだ自由で平等な「新時代」をつくりたいというビッグ ビジョンをもった人物でした。 … Read more »

目からウロコのココロ学 #19「ツァイガルニク効果」

「未完了」のものは記憶に残りやすい。 人は達成できなかったことや、中断していることのほうを、達成できたことよりもよく覚えているらしいのです。 この現象をツァイガルニク効果 (中断効果) といいます。ドイツの心理学者クルト レヴィンの指導のもと、旧ソビエト 連邦の心理学者ブルーマ ツァイガルニクが「目標が達成されない行為に関する未完了課題についての記憶は、完了課題についての記憶に比べて想起されやすい」との事実を突き止めました。 … Read more »