中小企業の基幹業務システムをクラウド化するには?

(当記事はMicrosoft  Azure をプラットフォームとしてサービスを提供する「アステム株式会社」より 提供されています。) 会計・給与等の単一的な業務をクラウド化するのは比較的簡単ですが、販売管理業務となると扱い商品や業務フローが各社様々で一つのシステムで全て網羅するわけにいきません。 そこでアステム株式会社では、各社の業務に合うようカスタマイズ可能で、かつ、データの安全性を考慮した 販売管理システム、ハイブリッドモデルの「ふくろう販売 on Azure」をリリースしました。 … Read more »

目からウロコのココロ学 #24「アンカリング効果」

最初に提示された数値や情報が、船の錨のように重石となって、判断に影響をおよぼすことを 「アンカリング効果」といいます。これは人の行動を、錨 (=アンカー) を降ろした船がつながれた基準点から ある一定の範囲しか動けないことにたとえたもの。行動経済学の分野で注目されている心理傾向のことです。 たとえば、アメ横のような市場でカンパチに 1 尾、9,800 円という値札がついています。 … Read more »

先人に学ぶ「経営組織論」第 24 回 三井 高利

三井高利は、江戸時代初期に越後屋呉服店や三井両替店を創業し、三井財閥の礎を築きました。当時の商人には二種類があったといいます。ひとつは投機的な事業や贅沢を好む性格。 武士化する商人も多かったといいます。「越後屋、お主も悪よのう」という、時代劇でお代官様が賄賂を受け取るシーンがありますが、まさにそのタイプ。 … Read more »

先人に学ぶ「経営組織論」第 23 回 青木 昆陽

250 万人強が飢餓に苦しんだといわれる享保の大飢饉 (1732 年) 。南町奉行大岡忠相から、飢饉を救うプロジェクト リーダーに抜擢された青木昆陽は、サツマイモの栽培方法を挿絵付きでまとめた『蕃薯考』(1735 年) を著します。そこにはサツマイモの効能をはじめ、十分に穀物の代わりとなること、風雨や虫の害を受けにくいことなどが記されていました。 … Read more »