【働き方改革】生産性を高めるための8つの習慣 第7の習慣:個人の自信

  この動画を通して伝えたいこと 「プロフェッショナル」という言葉は通常のビジネスでも非常に重要な考え方です。 プロフェッショナルは自分が活躍できる場で、他者ができない役割を担うことが重要です。 一方で、プロフェッショナルは自分ができないこと、周りの協力が必要なことも理解します。 個人の自身に裏付けされたプロフェッショナルな仕事はチームワークと成果を生みます。 … Read more »

【働き方改革】生産性を高めるための8つの習慣 第6の習慣:従業員への信頼

  この動画を通して伝えたいこと 「そのプロセスは必要ですか?!」 そんな問いも重要です。プロセスが多くなってしまう理由の一つに権限移譲がされていないことがあり、それは従業員への信頼も重要な要素です。 従業員への信頼が重要であることの意味を学んでみましょう。 … Read more »

【働き方改革】生産性を高めるための8つの習慣 第5の習慣:セルフマネジメントチーム

  この動画を通して伝えたいこと リーダーシップはマネジメントだけが持つものでしょうか。 権限移譲がされたチームにおいてはそれぞれが優れたリーダーシップを発揮して、リーダーからの指示を待つ必要はありません。 このようなセルフマネジメントチームという考え方を学んでみましょう。 … Read more »

【働き方改革】生産性を高めるための8つの習慣 第3の習慣 不確実性を受入れる

  この動画を通して伝えたいこと 「完璧な計画を立てる」 理想ではありますが現実的ではないのは、実業務をしている方には説明もいらないぐらい明確なことかと思います。 つまり必ず不確実性がある、このことを受け入れて始められれば失敗も受け入れやすくなります。 … Read more »

【働き方改革】生産性を高めるための8つの習慣 第2の習慣:リスクや間違いを快く受け入れる

  この動画を通して伝えたいこと 日本でも「失敗を恐れるな」という言葉はよく聞きますが、実際に失敗することは「怖いこと」と認識されています。 一方で、アメリカでは怖いことではなく、重要なことと考えられています。失敗がなければ成功もないということです。 失敗を恐れない習慣を持つために必要なことを学んでみましょう。 … Read more »

【働き方改革】生産性を高めるための8つの習慣 第1の習慣:Be Lazy

  この動画を通して伝えたいこと 「Be Lazy」 日本語に訳すと「怠惰になれ」 これだけを読むと日本人の感覚からは非常に違和感を感じます。 「重要」という言葉の定義が日本とアメリカでは大きく異なっていたことから、仕事の優先順位の付け方を学べるのかもしれません。 … Read more »

【働き方改革】生産性を高めるための8つの習慣 序章

  この動画を通して伝えたいこと 働き方を変えることで得られる高い生産性について二人のスピーカーが実例を交えてご紹介しています。 日米での働き方を経験した牛尾の気づきは、ソフトウェア開発ではなく一般的な働き方の参考になる面もあると思いご紹介します。 内容はこの序章を含めて9つの動画で構成されています。 … Read more »

新しい職場のヒント (2) 働き方改革では社内コミュニケーションのあり方も検討課題に

働き方改革を推進すると、これまでよりも仕事をする時間や場所を共有しない社員が増えてくることになります。 困ったことが起こったとき、オフィスで働いていれば、すぐに同僚や上司に相談できます。 しかし、出先や自宅で働いている場合は、そうはいきません。相談ができずに仕事が停滞したのでは、かえって生産性が落ちてしまう可能性もあります。 … Read more »